ホーム > 施設概要

施設概要

施設イメージ

法人理念

・わたしたちは、一人ひとりの生命や人権を尊重し、自分らしくより豊かに生きることをめざします。

・わたしたちは、社会を構成するすべての人が共に生き、生きやすい社会を作ることをめざします。

設置運営主体 社会福祉法人さくらの家 理事長 吉金 隆
事業内容

生活介護事業所 さくらの家

生活介護事業所 げんき工房

就労継続支援B型事業所 ワークスペースさくらの家 

短期入所事業さくらの家

共同生活援助事業もみじホーム
 たいよう(男性)・すばる(男性)・すみれ(女性)

居宅介護事業「ヘルパーステーションおおきな木」

相談支援事業所 さくらの家

日中一時支援事業(松江市地域生活支援事業)

定員

○生活介護事業所 さくらの家(定員20名)

○生活介護事業所 げんき工房(定員40名)

○ワークスペース さくらの家(定員20名)

○他の事業
 ・短期入所事業さくらの家(4名)
 ・共同生活援助事業もみじホーム
   たいよう(4名) すばる(4名) すみれ(6名)
 ・日中一時支援 (1日6名)

職員体制管理者1名看護師1名
嘱託医師1名ヘルパー9名
サービス管理責任者4名相談支援員1名
職業指導員・生活支援員25名事務員3名
栄養士1名運転手2名
グループホーム
生活支援員・世話人等
14名
合計62名

社会福祉法人さくらの家のあゆみ

1986年 4月松江市国屋町のアパートで開所
1988年 4月行政からの補助金の交付開始
1990年 4月新屋舎建設計画を決定
1991年 2月東朝日町の仮作業所に移転
1993年 2月東朝日町の仮作業所に移転
     4月東忌部町に新屋舎完成
1995年 4月第2作業所「げんき工房」開設
5月共同作業所さくらの家運営委員会で将来構想をはなしあい、 法人化について検討をはじめる
8月松江市にたいして『認可施設建設に関する要望書』を提出する
12月共同作業所さくらの家法人化推進委員会を設置
1996年 6月生活ホーム・あじさい開設
1997年 1月社会福祉法人さくらの家(仮称)設立準備会を設置
1998年 3月社会福祉法人さくらの家設立認可
1999年 4月知的障害者授産施設さくらの家・障害者デイサービスセンターげんき工房開設
2000年 4月さくらの家タイムステイ事業開始
2001年 4月知的障害者短期入所事業開始
2001年 11月 グループホーム・もみじ開設
2003年 4月知的障害者更生施設(通所)げんき工房開設  障害者デイサービスセンターおおきな木開設
2004年 3月グループホームすみれ開設
2006年 10月居宅介護事業ヘルパーステーション「おおきな木」開設
短期入所事業
2008年 4月障害者自立支援法に基づく新事業体系に移行
知的障害者授産施設さくらの家、知的障害者更生施設げんき工房、デイサービスセンターおおきな木を廃止
多機能型事業所さくらの家(定員60名)に変更
2009年 4月生協病院リハビリテーションセンターに売店を新設
2012年 5月ケアホームすばる(定員4名)開設
グループホームすみれ定員変更(4名から6名)
2013年 4月相談支援事業所さくらの家を開設
2016年 4月多機能型事業所から就労継続支援B型事業を分離。
「ワークスペースさくらの家」(定員20名)とする。
2018年 4月多機能型事業所さくらの家を解体、「生活介護事業所さくらの家」(定員20名)「生活介護事業所げんき工房」(定員40名)として再編する。
就労支援事業は廃止。「生活介護事業所花梨」はげんき工房と合併。